VI -Visual Identity-
 
企業は「会社をどうアピールするか」ということに加え、「どうしたら人のこころの中に蓄積されるよりよいイメージが確立できるか」というコミュニケーション戦略が必要です。企業という物体のないものを目指すべき形に視覚化し、分かりやすく人々に伝えてゆくのがCIやロゴマークの役割です。CIやロゴマークはその中心となる企業の顔ともいえるコミュニケーションの核になるものです。優れた「名前」や「シンボルマーク」は、どんな規範や広告活動よりも受け手の心理を動かす効率のよい経営ツールになるのです。

静岡産業大学
Shizuoka sangyo university
山一木研
Yamaichi mokken
岡田クリニック
Okada clinic
くらしの杜
Kurashi no mori
掌の家
tanagokoro no ie
MSD
MOK Structural Design Unit
東京家づくり工務店の会
Tokyo iedukuri komuten no kai
ファーブル
Fable
大石歯科
Oishi dental clinic
い〜ら旅行舎
E-ra ryokousha
シャーラハウス
Xara-house
テイクアウト ビサイド
Take out be side
TOTE+ONE
TOTE+ONE
スターランド
Star land
良い広告
Ekoukoku
丸源工業
Marugen kougyo
社会保険労務士法人 村松事務所

Muramatsu Labor and Social Security Atto

遠州食品加工業協同組合
Enshoku
仲設備
Nakasetsubi
ヨネスチール工業

Yone steel

山坂工業
Yamasaka kougyo
イトウ工務店
Ito komuten
折々

oriori

針谷眼科
Harigaya eyes clinic
グリーンメンテナンス
Green maintenance
Grace of Forest
Grace of Forest