HOME | dialogue | No.1 小林建設

第9話。地域の木の家のスタンダードになる。

株式会社小林建設 代表取締役 小林 伸吾氏(埼玉県本庄市)

 
名古屋で行われたセミナーの帰りに小林社長が浜松に立ち寄ってくださいました。小林社長はこうして時々、「ついでに寄るよ」とブルックスタジオにおみえになります。ご本人は、気軽に寄っている感覚のようですが・・・、スタッフ一同、毎回「緊張」の中でのお出迎えです。
今回は、こちらからの取材の申し込みにもかかわらず、「ついで」にお寄りいただきました。
 

 No.1 進むべき道が見えた

藤田 今日はわざわざお越しいただきまして・・・ありがとうございます。
 
小林 わざわざじゃないよ。「ついで」だから。
 
藤田 そうでしたね(笑)。
 
小林 あ〜・・・でも、浜松って「のぞみ」が通過しちゃうから「ひかり」で来たし、「わざわざ」になるのかな?
 
藤田 ほんとにわざわざありがとうございます(笑)。さっそくですが、このたびは2017年にオープンしたモデルハウス「ギャラリーhinosumika」でグッドデザイン賞を受賞、おめでとうございます。
 
小林 どうも、ありがとうございます。
 
藤田 2007年「杉の家」、2013年「コバケンLaBO」に続いてこれで3度目のグッドデザイン賞の受賞ですね。小林建設さんのモデルハウスすべてが受賞。これは地域工務店の中でも他にはない快挙ですよ。名実ともに地域工務店ナンバーワンといえるのではないですか。
 
小林 いやいや、それはちょっと言い過ぎだよ(笑)。そんなに褒められると汗が出てきますよ。でもね、やっぱりその時代、時代で注目されていることに常にアンテナを張って、それをカタチにできたことが結果につながったんじゃないかな。小林建設として「地元の木を使う」っていうのは絶対に外せないけどね。
 
藤田 そうですね。そこがブレないから評価もされたんだと思います。それでは、いよいよ出会いからブランディング、そしてプロモーションのお話を詳しく伺いたいと思います。
 
小林 小林建設が解剖されていくって感じだなぁ(笑)。
  
藤田 出会いは1996年だから・・・もう21年前になりますね。
  
小林 十年一昔っていうけど、二昔ってことか。長い付き合いになっちゃったな。
  
藤田 なっちゃったって・・・(笑)。
  
小林 良い関係ですよね(笑)。二昔前か・・・こんなこというと言い訳みたいになるけど、僕にとって工務店っていうのは家業だから、その頃は当たり前に朝から晩まで仕事をして、経営の方向性とかブランディングなんて考える余裕はなかったんだよね。
  
藤田 家業ですか? 代々守り続けるってことは、ご苦労もあったんでしょうね。
  
小林 うーん、いろいろとありましたよ。でもそれが当たり前だから、苦ではなかったけどね。黙々と仕事に取り組んでいたある日、先代である父がOMソーラー※1の新聞広告を見て、僕に勧めてきたんです。
  
藤田 全国に発信した、新聞全15段広告ですね?
  
小林 そうそう、当時、藤田さんがデザインされたものです。それからOMソーラーの新聞広告やプロモーション・ツールを目にするようになって、自然エネルギーや、環境と共生するOMソーラーの家づくりに共感したわけです。それぞれのツールが、ひときわ引きつけるメッセージ性の強い垢抜けたもので、心に深くきざみこまれたって感じがしましたね。それと同時に、情報発信の重要性も感じて・・・。
  
藤田 心に深くきざみこまれた、ですか。じゃあ、OMソーラーを知る前は、特に情報発信されていなかったんですか?
 
小林 二昔以上前の話だからね。特にしていませんでしたね。だから、入会してからまずはOMソーラー協会が用意してくれたパンフレットやチラシを使うことから始めました。
 
藤田 チラシの効果はいかがでした?
 
小林 もちろん効果はありましたけど・・・。でもそこから数年して自分達の目指す方向性がハッキリとしてからですね、お客様へメッセージが正しく伝わっているな という実感があったのは。
 
藤田 なるほど。小林建設さんが現在も一貫して伝えていることは、地元の材と地域の人財を使って無垢の木の家を建てる「地域性という軸」ですよね。それが方向性ということでしょうか。
 
小林 そうですね。その「地域性」に目覚めたのは、1999年に埼玉県で初めて県産材100%のOMソーラーの家をつくったときですね。小林建設にとっての転機とも言えるのかもしれません。さらにその頃、無垢材を使用した木の家や、自然素材が注目され始めたことも大きかったと思います。「現し※2」の工法が当時は斬新で高級感もあったんじゃないかな。
 
藤田 それがOMソーラー協会さんが先導した、いわゆる「近山運動※3」ですね。でもそれって、元々昔の日本でやっていたことでしょう? それが、時代が流れて、全国的な木材の伐採期とも重なって国産材の良さに世間が気づき、山と町と人と資源を家づくりを通して、つなぎ、結ぶ運動として再登場したということですか?
 
小林 そうそう、まさに再登場。昔と比べて木材の乾燥の技術も進んだから、強くて良質な地域材を使った無垢の家を提供できるようになってきたんですよ。そして、土、紙、石などの自然素材も地元のものを使う。こういったネットワークが築けるのは地域に根付いた工務店だからこそなんですよね。
 
藤田 そこで地域工務店としての在り方に気づかれたわけですね。
 
小林 はい。本来、我々地域工務店はそう在るべきだったんでしょう。
 
藤田 どんな企業でも必ず転機はあるものですが、そのタイミングを逃さず確実に活かされて・・・。地域材の良さをを活かした手づくりの木の家を、地域に普及させるという小林建設さんのチャンスを逃さない実践力の影響は絶大でした。その頃から僕は、ただデザインの制作に携わるだけでは済まなくなっていきました。
 
小林 そう、僕もうすうす感じていましたよ。木材のことや気候風土のことまで見聞を広げて、熱心ですよね。それに藤田さんとは感性が近いんだと思うな。物の考え方や本質が合わないとこれだけ長い付き合いになれないから。
 
藤田 小林さんは常に物事を客観的に判断することを意識されているじゃないですか。「これで本当に効果がでるか?」と、制作物ひとつひとつにまっすぐ真剣に向き合ってくださるから、こちらもおのずと前向きになる。だから、うちのスタッフはみんないつも気を張って・・・「緊張」するんですよ。
 
小林 そんな! 緊張しないでくださいよ(笑)。

     

 



株式会社小林建設

埼玉県本庄市に3代続く地域工務店として、地元の財を活かし、地域に根ざす家づくりをしている。「正直につくる木の家」をブランドスローガンに、OMソーラーやパッシブデザインを取り入れた、心地良く美しい木の家をデザインし、ただ1つのかけがえのない「栖」を提供。 2007年『杉の家』、2013年『コバケンLaBO』、 2017年『ギャラリーhinosumika』でグッドデザイン賞受賞。
 
▶︎小林建設ホームページ

 


 
※1)OMソーラー協会:現OMソーラー株式会社/「環境と共生する地域建設の創造」を理念に、もともと自然が持っている力を利用して熱と空気をデザインする、OMソーラーシステムを開発・販売する会社。ブルックスタジオは1990年〜2015年までキャンペーン、プロモーションに携わる。
※2)「現し(あらわし)」工法:日本の伝統的な木造工法で、普通は仕上げ材によって隠してしまう真壁や梁の木材をそのまま露出させた仕上げとする工法。
※3)近山運動:近くの山の木で家をつくる運動
※4)ZEH:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、住まいの断熱性などを上げてエネルギーのムダを省いた「省エネ」と、太陽光発電などによる「創エネ」を組み合わせて、一年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅。

contact
contact
ブルックスタジオでは、規模の大小や業種に関わらず、ご相談を承っています。
お気軽にお問い合わせください。
(オンラインでのご相談も承ります。)