HOME | dialogue | No.3 丸守

第5話。創業明治三十年、初代 守太郎の豆富造りの意思を守る。

株式会社丸守 代表取締役社長 堀川 一裕氏(静岡県浜松市)
 

 No.3 人と人との仕事

藤田 デザイナーは、安全でおいしい商品はつくれませんが、それを嘘のないように正しく伝えることが仕事です。どんな人が、どんな想いでつくっているのかという部分は、消費者は無意識にも見抜いているのではないかと思うんです。
 
堀川 そうかもしれませんね。丸守としても、もっともっと進歩していかなければと感じます。一緒にお仕事をするようになって3年、毎年新しい取り組みにチャレンジしていますが、目標があるから充実していて、楽しいんですよ。
 
藤田 そう言っていただけるとやりがいがあります。コンスタントに新商品を生み出しているということも、丸守さんのブランド・イメージにつながるメッセージになるはずです。
 
堀川 そうですね。消費者は目新しい商品に敏感ですからね。
 
藤田 それから、丸守さんは、様々なライフスタイルや価値観をもつお客様を一括りにせず、ターゲットを絞られたことが良かったと思います。ターゲットを絞って、具体的に見えてくることがあったんじゃないですか?
 
堀川 そうですね。それまでは造り手としての思い込みや既成概念にとらわれすぎていたのかもしれませんね。意識して洞察していくといろんなことが見えてきました。
 
藤田 「見る」と「見えている」は違うんです。ターゲットを絞って終わりじゃないですよ。
 
堀川 あはは。藤田さんはいつもこうしてはっきり意見を言ってくれる。だから信頼できるんですよ。
 
藤田 信頼いただいてありがとうございます。僕は、ブランディングの際は特に決定権のある人と直接お話することを重視しているんです。ブランディングには多くの意思決定を要しますからね。だからこそ、耳がいたい話でも、言うべきことは言うようにしているんです。でも、もし本当に失礼があったらすみません・・・。
 
堀川 実は、それを期待しているんですよ。「社会に必要な良いもの」をつくるためにはお互いの意見をしっかり伝え合わないと。藤田さんとはそういう積み重ねで今があると思っています。
 
藤田 ありがとうございます。僕は仕事をする上で、「御用聞き」のような立場ではなく、常に前を向いた横並びの関係でいたいと思っています。どうすれば目的を達成できるか、デザイナーの視点から課題に向き合って一緒に考えていく。そのような仕事の仕方をしたいと思っています。
 
堀川 こちらも、そうありたいですよ。お互いの違いを認め合える関係だから、気づきがあるのだと思いますね。
 
藤田 そうですね。
 
堀川 「丸守」の本質を充分理解してくれているからこそ、常に近い距離で話を聞いて、同じ目線で考えてくれる。極端な話、途中で藤田さんがデザイナーだってことを忘れてしまうくらい、いろんなことを相談してしまうことも(笑)。具体的なデザインを提案してくださるのはいつも最後の最後ですもんね。
 
藤田 そうかもしれませんね。先ほども言いましたが、「どういうデザインが良いか」ではなくて、商品が売れるためにどうするか、「仕組み」の部分から考えるんです。丸守さんの言葉を借りれば「仕掛け」ですね。「丸守さんってこういう会社で、こういう価値観を持っている。そんな丸守さんが造る商品の、何をどう見せれば効果的なんだろう?」と考える。商品開発だけでなくパンフレットやWEBなどの販促ツールをご提案するときも同じです。
 
堀川 そういう視点で丸守を見守ってくださっているというのは、本当にありがたいです。たとえば、「これはどうかなあ・・・」と半信半疑に思っていたものでも、藤田さんが「いいね」と言ってくださると、「そう言うならやってみよう」と、不思議と前向きになれることがありますよ。実際、予想以上に売上を伸ばした商品も生まれました。これからも、「ここの豆富なら安心だ」と言われるよう、お客様の想いを汲み取ったおいしい豆富を造っていきたいと思います。
 
藤田 ブランディングは、一過性のものではありませんから、丸守さんが豆富を造り続ける限り、ずっと続けていってくださいね。
 
堀川 そうですね。一緒に仕事をして3年。この先もずっと一緒に仕事をしたいと思える人と出会えたことに感謝しています。仕事は人と人がするものですから。これからも変わらずお付き合いお願いしますね。
 
藤田 こちらこそ。丸守さんの豆富は本物ですから、きちんと丁寧に伝えていくお手伝いを続けていきたいと思っています。それに、僕自身も「この人にこそ任せたい」と言っていただけるようなデザイナー「仕掛け人」として精進したいと思います。 
 
2017年11月16日丸守にて
 

     

 



ブルックスタジオ制作実例

>丸守

 

株式会社丸守

創業明治30年、初代 守太郎のこだわりを守る浜松の豆富屋。有玉西町に工場を構え、南アルプス最南端の水脈の雪解け水を敷地内地下約300メートルからくみ上げ、豆富造りの全行程に使用。大豆、水、にがりだけで安心・安全にこだわった非加熱製法の豆富造りをしている。
 
▶︎株式会社丸守ホームページ

contact
contact
ブルックスタジオでは、規模の大小や業種に関わらず、ご相談を承っています。
お気軽にお問い合わせください。
(オンラインでのご相談も承ります。)